エカの南国主婦ライフ

マレーシア在住の主婦です 海外にいるからこそ発見したこと、手放したことなど綴っていきます

マレーシアの面白い英語 マングリッシュ

マングリッシュって聞いたことはありますか?

マレーシア人の話す英語は独特の訛りや言い回しがあって、マングリッシュと言われています(シンガポールの英語はシングリッシュと言われています)。

マレーシアに来た当初はマレーシア人が何を言っているのか分からず、苦労しましたが、15年以上経って今では私の英語もかなりマレーシア訛りです。。

マレーシア人との会話に問題はありませんが、欧米の方と話すのは緊張します(特にイギリス英語はあんまり聴き取れません。。)。

f:id:ekanan:20190916163609j:plain


 

 

マレーシア人の英語力

マレーシア人の英語力は、アジアの中でもかなり高く2018年のEF EPI(英語力指数)を見てみると、マレーシアはアジアの中でシンガポールとフィリピンに次ぎ第3位となっています。

https://www.ef.com/wwen/epi/

ちなみに日本はアジアの中で11位です。

マレーシアの公用語はマレー語ですが、英語も日常的に使われています。

f:id:ekanan:20190916163519j:plain

幼稚園の英語の教科書

マレーシア人は、幼稚園や保育園からマレー語と同時に英語も学んでいるのです。

クアラルンプールの都市部であれば、マレー語が話せなくても英語で充分通じます。

 

 マングリッシュの特徴

*語尾に何かしらつく

一番良く知られているのは、「OK lah(オーケーラー) 」だと思います。

Lah の他にmah やloh などもよく語尾に付きます。

シチュエーションによって意味は変わってくるのですが、基本的に何か語尾につけないと寂しいようです。

日本の方言でも語尾に「〜じゃん」、「〜ね」、「〜だらー」とつけるのと同じ感覚だと思います。

 

*Can を多用する

マレーシア人はcan をよく使い、表現によってよく使い分けています。

相手に何か要求されたり、出来るかどうか聞かれた時には、、、

“Can” (キャン)      「はい、できます。」

”Can Can”(キャン キャン)  「もちろん、できます。問題ないです。」

”Ca〜n”  (キャ~ン)  「できます。任せて!」

”.....can” (。。。キャン)   「できないことはないけど、頑張ります。」

 

できない時の返答は、、、、

“Cannot “ (キャノット)   「いいえ、できません。」

”Cannot, Cannot” (キャノット キャノット)「 絶対無理、できません。」

“Canno〜t” (キャノッ~ト) 「できる訳がありません。」

 

といった具合に色んな表現方法があって面白いです。

 

*文法は無視

これは、マングリッシュというより英語があまり得意ではないマレーシア人が使う英語かもしれませんが、よく耳にする言い方なので紹介します。

<三単現のS をつけない人が多い>

例えば、、

“Ken go to work”  

”He don’t know”  

といった具合に、本来なら”goes” 、“doesn’t “となるところを無視してそのまま使っています。

学校の先生でさえもつけていない人がいます。

 

<”already “をつけるだけで過去形になる>

動詞も過去形に変化させず、語尾に”already “をつけて過去形にしてしまいます。

これは中華系の方に多い印象です。

“You eat already?”  もう食べた?

“I read already.”  もう読みました。

といった使い方です。

 

<“also”もなぜか語尾につける>

“too”を使う人はあまりおらず、”also”をよく使います。

“I also”   私も (Me too とは言わない)

“I want also”  私も欲しい

と何故か語尾につけています。

 

f:id:ekanan:20190916163551p:plain

さいごに

マレーシアが日本人の移住先として人気があるのは、英語が通じるということが大きな理由の1つでしょう。

文法の間違いなんて誰も気にしません。

気さくに誰とでも話せるフレンドリーさのあるマレーシアが私は大好きです。

英語に苦手意識がある方でもマレーシアなら話せる度胸がつくはずです。