エカの南国主婦ライフ

マレーシア在住の主婦です 海外にいるからこそ発見したこと、手放したことなど綴っていきます

五香粉(ウーシャンフェン)で料理に中華のアクセントを

中華料理に欠かせない「五香粉(ウーシャンフェン)」というスパイスをご存知ですか?

独特の香りとクセがあるのですが、少し加えて調理すると中華の深い味わいが出せる魅惑のパウダースパイスです。

マレーシアでもよく使われている調味料パウダーで、スーパーや市場で簡単に手に入ります。

この記事では、五香粉(ウーシャンフェン)の材料と使い方について紹介します。

 

五香粉(ウーシャンフェン)とは?

五香粉(ウーシャンフェン)は5つのスパイスパウダーというわけではなく、5種類以上のいくつかのスパイスが配合されています。

主なスパイスは、

桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(サンショウ)、小茴(ショウウイキョウ)、大茴(八角スターアニス)、陳皮(みかんの果皮)

ですが、メーカーによって配合やスパイスの種類が異なります。

身体が温まるスパイスばかりですので、新陳代謝が高まります!

五香粉の匂いをそのまま嗅ぐとかなりクセがあり、躊躇してしまうのですが、料理に使うと全く気にならないから不思議、味にアクセントが加わり美味しいのです。

マレーシア料理の「LOBAK ロバッ」

マレーシアの「LOBAK ロバッ」という料理にも五香粉が使われています。

英語名は「Five Spice Meat Roll (5スパイス ミートロール)」、中国名は「五香肉巻」または「歯肉」と書きます。

www.malaysianchinesekitchen.com

鶏や豚のひき肉に五香粉を混ぜ、湯葉で巻いて揚げたものです。

マレーシアの屋台にもある定番メニューで、日本人にも好まれる味で人気があります。

また旧正月の時、御先祖様にお供えするお料理にも必ず「LOBAK ロバッ」が出されます(福建の場合)。

写真の一番右にある料理が「LOBAK ロバッ」です。

「LOBAK ロバッ」のレシピについてはまたの機会に紹介しますね。

肉の臭みを消して中華風に

五香粉は肉の臭みを消したり、味に中華のアクセントを加えられるので肉料理によく使われます。

また中華粥に少しだけ混ぜて食べると、身体が凄く温まるのでお勧めです。

 

我が家でよく作るレシピは焼豚です。

肉を味付けするときに、五香粉を少し混ぜて味を染み込ませます。

肉400gに対して小さじ1くらい入れます。

また鶏の唐揚げに混ぜるのも簡単でお勧めです。

いつもの味付けにほんの少し加えるだけで、中華風唐揚げが出来上がります。

 さいごに

簡単に中華風になり、身体にも良い「五香粉(ウーシャンフェン)」を紹介しました。

日本でも簡単に手に入るので、是非トライしてみてください。