エカの南国主婦ライフ

マレーシア在住の主婦です 海外にいるからこそ発見したこと、手放したことなど綴っていきます

マレーシアローカル幼稚園は年末に向けて大忙し

マレーシアの学校では、1月から新しい年度、学年が始まります(インターナショナルスクールや日本人学校は除く)。

そのため、幼稚園では10月頃から卒園や年度末に向けてのイベントが多くなります。

我が子が通うローカルの中華系幼稚園を例に年末のイベントを紹介していきます。

 

コンサート

多くの幼稚園では、10~11月にコンサートが開催されます。

大きな会場を貸りて、子どもたちはクラスや学年ごとに、数ヶ月練習してきたダンスや劇を披露します。

我が子のクラスは、なんとKポップダンス。

テンポのよい曲を踊れる子どもたちも凄いけど、教える先生も凄いなあと感心して観ました。

そして、このコンサートでは年長さんの卒園式も一緒に行われます。

英国式のガウンを着て、まるで大学の卒業式のよう。

入園式はなぜかありませんが、卒園式は盛大に執り行われます。

学年末テスト

コンサートが終わり、しばらくすると4日間にも及ぶ学年末テストが実施されます。

テスト科目は、中国語、マレー語、英語、算数、科学、道徳、会話力、アートの8科目もあります。

年長ともなると、小学校入学に向けて少し難しい内容になってきます。

<中国語>部首、画数、穴埋め問題

<マレー語>単語並べ替え、助詞、穴埋め問題

<英語>単語、文章並べ替え、所有格

<算数>二桁の計算、時計、文章問題

<科学>物の材質、動物の特性、天気

<道徳>公共の場での振舞い、マレーシア国旗、各宗教と寺院

<会話力>中国語、マレー語、英語での簡単な会話テスト

<アート>色塗り

こうやってテスト内容を書くと凄く難しそうに聞こえますが、毎日の授業を受けていれば解くことが出来ます。

毎日みっちり勉強してますので。。

早期教育には賛否両論ありますが、マルチリンガルなマレーシアで生きていくには必要なスキルなのです。

先生との面談

テストの結果や幼稚園での様子を聞く先生との面談があります。

テストで上位3位までの子どもはトロフィーをもらえるという競争社会です。

ほとんどの親が夫婦そろって来ており、皆さん子どもの教育に凄く熱心です。

年度末パーティー

マレーシアの子どもの日のお祝いも兼ねて、年度末パーティーが開かれます。

コンサートのときの衣装や好きな服装で参加し、お菓子を持ち寄ります。

この日ばかりは授業もなく、お友達と目一杯遊べるので凄く楽しみな行事の一つです。

さいごに

我が子もついに卒園となり、来年1月からは中華学校の1年生になります。

幼稚園ではありますが、小学校への準備学校とも言われているローカル幼稚園。

中華系の幼稚園は、厳しい!厳しい!と周りからも脅かされていましたが、いざ入園してみると、確かに勉強はみっちりさせられましたが、大らかな先生やお友達に恵まれ楽しく過ごしたようです。

入園時には日本語しか話せず、先生の話している内容も全く分かっていなかった我が子ですが、競争心に火をつけ、なんと最後のテストではトロフィーを頂きました。

適度なプレッシャーのある中華系幼稚園、我が子には合っていたようです。